近年は求人媒体に代わり、自社サイトのリニューアルに本腰を入れる企業が増えてきています。

しかし、業界に知見のないデザイナーが増えた影響もあり、カタチだけのサイトが量産しているのも事実です。中身を理解し、自社に合うかどうかを十分に検討すべきだと思っています。

本記事では、オウンドメディアとは何か? なぜ今オウンドメディアが必要なのか? について、分かりやすく説明します。

オウンドメディアとは何か?

オウンドメディア(Owned(保有する)Media)は、ざっくり言うと、ホームページのことです。

自社発行の広報誌やインターネットの自社ウェブサイト・ブログなど、組織が自らが所有し、消費者に向けて発信する媒体を指します。分かりやすい例が、採用ホームページです。

ポータルサイトと混合しがちなのですが、ポータルサイトは、情報を集約しているサイトという意味で、上記の例と比較すると、リクナビなマイナビなどが分かりやすい例でしょう。

今後は、情報集約サイトに頼るのではなく、自社でサイトを作らなくてはいけません。それは、googleの検索エンジンとしての性能が向上し、私たち一般ユーザーが、スマホで誰でも簡単に欲しい情報までたどり着けるようになったからです。

その証拠に、「求人媒体に掲載しているけど、効果が年々悪くなる」と感じる方がほとんどではないでしょうか?

採用HPでは、ただ原稿を掲載しているだけでは、見向きもされません。なぜなら、その原稿ページに誰もアクセスしないからです。

自社の採用HPを集客力のあるページに変えることが出来れば、どうでしょう?高い委託費用を業者に払わなくても良くなります。安定した人材獲得が継続出来る採用サイトは、今後の企業資産となります。

このように、オウンドメディアを活用した採用手法は、オウンドメディア・リクルーティング と呼ばれています。

◇チェック◇
オウンドメディア・アーンドメディア・ペイドメディアをまとめて、トリプルメディア と呼びます。

採用市場の変化

オウンドメディアが注目を集めている理由は、採用市場の変化にあります。

数年前までは、リクルートホールディングスの支社長クラスの方でも、「インターネットで求人なんて誰が見るんだ!」と話していました。それが今はどうでしょう。

業界メディア(媒体)の急速な変化を引き起こしているのは、インターネットの普及によるものです。情報を伝える手段が効率化していくことこそが、IT(Information Tecnology)なのです。

応募者は、短時間でより正確な情報を手に入れることができるようになりました。検索キーワードからニーズを予測し、適切な情報を表示するインターネットの頭脳を、検索エンジンといいます。わずか数秒で数千件以上の求人情報を閲覧することが出来るようになりました。

応募者の行動に一番影響を及ぼしているのは、Googleのエンジンと言われています。日本のおけるGoogle検索エンジンのシェアは、PC では88.17%、スマホでは 99.30%になります。

私たちが普段得る情報も、Googleの頭脳によって決められているといってもいいでしょう。

インターネット上に掲載している情報を、良い情報としてGoogleに認識してもらうことが、SEO対策です。どれだけ求人原稿を出しても、Googleに認識されることがなければ検索結果に出てくることはありませんし、もちろん応募者に届くこともありません。

オウンドメディア・リクルーティングの最優先事項はGoogleに認識してもらうための対策です。

合わせて読みたい

採用オウンドメディア のチェックポイントを5つを紹介します

「会社名✖︎求人」「店名✖︎求人」で検索しても案件がヒットしないようであれば、かなりの確率で応募者を取り逃がしているでしょう。

採用オウンドメディア の目的

オウンドメディアの目的は、応募者を集めることです。そのために、待ちではなく仕掛けていく必要があります。つまりは、応募という目的のために、しっかりと運用されることが必要です。

例えば、下記のようなサイトを作るとします。同じ採用においても、ターゲットが違えばサイトの目的が代わります。

オウンドメディア は正しい運用を積み上げることで、効果が何倍にもなってきます。Googleアナリティクスというツール(無料)を使えば、自社サイトへのアクセスが分かります。まずは、全体の流入数のうちの1%を目指して運用してみるのがいいかと思います。

また、一部のオウンドメディアは、Indeedなど求人まとめサイトへ情報を自動転送することが可能になっており、さらなる集客を見込めます。

オウンドメディア を運用する上で、Indeedとの関連性は非常に深いものとなっており、集客成功のためには不可欠とも言えるほど重要です。

合わせて読みたい

世界最強のアグリゲート型サイト? 今さら聞けない「Indeed」の仕組み


まとめ

オウンドメディアを活用した戦略はオウンドメディア・リクルーティングとも呼ばれ、従来の求人媒体に変わる採用手法として非常に注目されています。

そして、実際に多くの企業様が取組み、実績を出されています。

正しい運用をすることで、低コストで確実に効果が得られるというのは、まさに令和の採用手法と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。

ユーザーの皆様に役立つ情報を引き続き配信していきますので、どうぞよろしくお願いします。


おすすめの記事