中小企業診断士のAI合格診断は、残酷だ。これは1250時間勉強して挑んだ時の一次試験の合格率が、約50%しかないという診断結果である。

AI診断結果

試験までの1250時間というのは、毎日4時間の勉強時間で設定。話には聞いていたが、中小企業診断士の試験はなかなか難関である。

  • 1次試験の突破率・・20%程度
  • 2次試験の突破率・・20%程度

特に二次試験は、一次試験の合格者の中からさらに20%なので、ここで一気に難易度が跳ね上がる。私は、1日4時間の勉強時間は確保できるのか?モチベーションは続くのか?そもそも無理なんじゃないのか?

とりあえず「迷ったら行け!」かモットーの私は、ストレート合格を夢見て、とりあえずチャレンジを開始することにした。

合格を運ぶ魔法使い

中小企業診断士と私のはじまりのきっかけ

私が初めて中小企業診断士の試験を受験しようと思ってから、すでに3年ほどが経過した。

読もうと思った新品の本が積み重ねられ、仕事終わりのビールの誘惑には勝てずにまた今日を終えてしまう。小学生では出来ることも、大人では出来ない。今風にいうならば、ニューノーマルである。

しかし、コロナのこの状況が私の危機感を目覚めさせてくれた。今後の働き方を考える上で、何かしら知識のインストールは重要である。

今年こそはと強く決意し、とりあえず中小企業診断士の通信講座の無料サンプルだけと思い、ビール片手に申し込みボタンをクリックしたのがきっかけだった。

自分の中のルール

まずは最初に、ルール決め。

  • 毎日勉強する(10分でもいい)
  • 朝早起きして勉強したいけど、起きれなかったら夜やる
  • 勉強でイライラしても嫁と猫に当たらない
  • 一日の必要勉強時間を終えるまでは、お酒禁止。

こんな感じでやってみます。

よくある「目標を壁に張り出す!」みたいなやつは部屋がダサくなるので、あえてやらない。

勉強の方法

通信講座のスタディングを選択。

キャプチャ

ちなみに、中小企業診断士の勉強方法は、主に3つ。

  • 通学    →通学も大変で、金額も高いのでパス
  • 完全独学  →どうせ一人じゃやらないのでパス
  • 通信講座  →うーん・・・

消去法で通信講座を探していたところ、KIYOラーニングの通信講座スタディングの機能で、AI勉強診断なるものがあった・・・どうやら、勉強時間を設定して、簡単な問題(30分程)を解けば、合格率が分かるという。

こういう道標は非常にありがたい。これはいい!と思い早速スタンディングに申し込み、まずは1日3時間で目標設定。

採点結果

うわー、これきつい。最低判定でした。でも最初なんてこんなもん。それでは肝心の、AI予測の合格率は??

初期AI診断結果

これはやばい。一次の合格率29.6%。これは、勉強の意味あるのか?

勉強時間を、4時間× 週7 で再設定した結果が、冒頭なわけです。

50%あれば、コインの裏表を当てる確率で合格できる!

一か八かのコイン投げ

そう思い聞かせて、自分の運に期待するしか方法がない状態でのスタートとなりました。

きよし流!短期間で合格する勉強方法

通信講座スタディングは、KIYO ラーニング株式会社の商品で、代表でもある中小企業診断士の綾部 貴淑さんが講師を努めている。

ここだけだが、敬称略として愛情を込め、「きよし」と呼ぶことにした。

取り寄せた無料範囲内の通信学習でも、がっつり情報は詰まっていて驚いた。最短合格のための基本戦略は、下記となる。

  • 短期間で合格する勉強方法スピードを上げて、繰り返し何回もやる。10周もすれば、大体覚える。
  • 60点を狙う。深い知識は求めない
  • 2次を想定し、知識を整理しながら覚える
  • 無理なプランを立てず、スキマ時間を活用する

計7科目のうち40点以下で足切りで、かつ平均点が60点以上であれば合格ラインだ。苦手科目は40点以上を目指す勉強法が軸となる。

学習ノートをどんどんアウトプットしていき、最短で仕上げたいと思う。

もしかしたらこの記事をご覧になられている方にも、「本当は勉強したいと思っていたのに、時間がなくて第一歩が踏み出せない」という人がいるかもしれない。

もしそうであれば、私の日々の苦悩を見ながら、「しんどそうなので勉強しなくてよかった!」と思ってもらえないだろうか。それは将来の私のライバルが減るということなので、多いに歓迎したい。

おすすめの記事